脳と閃いた電球マーク
投資しているイメージ

最近では株式投資を行う人が増えています。
本業以外に利益を求めてという考えですが、初めはその期待より大損するかもという恐怖の方が強いかもしれません。
しかし、知識を得て経験していけば、その恐怖もだんだん緩和されます。

株式投資は、必ず儲かるというものではありません。
世の中で長く株式投資をしていて負けたことがないという人は存在しません。
どんなに儲けている有名な投資家でもそうです。
あらゆるメディアを通した株のおすすめ銘柄を売買したとしても確実に儲かるという手段はありません。
儲かるためには、損をしないリスクを回避するということが大切です。

リスクを回避するためによく言われているのは分散投資です。
1つの銘柄に全て投資するのではなく、いくつかに分けるというものです。
そして業種などで分ける考えも必要です。
株価は為替変動や世界情勢など大きな出来事や事件や企業の業績などで上下します。
これらは、予測可能なこともありますが、ほとんどは予測できず、それに合わせて特定の企業株価がどう変動するかはさらにわかりません。

ですが1つの出来事で株価が上がるものもありますし、下がるものもあります。
例えば為替ですが、円安になれば輸出企業の利益が多くなるので株価が上がりますが、外国から輸入して国内で販売している企業は利益が少なくなり株価が下がります。
円高になればその逆が起こります。
利益が逆になるような業種に分散して投資することでその出来事の影響を少なくすることが可能です。

つまり、リスクを回避することになります。
分散投資の考えは銘柄を分けて買うだけでなく、期間を分けて買うや違う金融商品であるFXや債権、外国株式に分けるという方法もあります。
ただし、分散しすぎると利益も少なくなるということは、理解しておく必要があります。
投資で少しでもリスクを回避したければ、なんといっても情報収集を怠らないということが重要です。

PCと珈琲

その情報の質も常に新しい信憑性の高いものが望ましいのです。
そのような情報を得るには投資顧問に頼る方法もありますが、株ブログで情報を得る方法もあります。
株ブログは比較的こまめに更新され続けますし、実際に投資を行っている人のリアルな声を知ることができますので、役立てると良いでしょう。